5分で分かる庄田雄貴のプロフィール

NewsPicksを使い続けて実感!10個の利点

こんばんは、庄田です。

今回は私が愛用しているアプリ「NewsPicks」を紹介します。

 

NewsPicksのメリット

わたしは2年前にNewsPicksに出会い、情報収集が捗るようになりました。

NewsPicksを運営しているのは「UZABASE」という会社です。

NewsPicksを2年以上使い続けてきた私だからこそ伝えられる、その素晴らしいメリットについて語り尽くします。

 

有料プランが安い!

僕が最も感じたのは、月1500円で本100冊以上の情報を得られる。

これは有料版を使いこなしていると感じます。

記事を1日にどれくらい配信しているかを把握していないので分からないですが・・・

1500円というと、本1〜2冊くらいに相当します。

大手新聞社の電子版を購入するだけでも、月3000円以上かかります。

例えば、日経新聞の電子版だけで月4200円します。

NewsPicksの有料版だと月に1500円で済むのです。

これはありがたいです!

著名人や経営者が登録している

有名人が使っていると、普通の人も使いたくなるのが本音です。

著名人や経営者が1つの記事に対してどのような考えなのかを知ることができるので、著名人や経営者と近距離でコミュニケーションを取っているような感じです。

著名人や経営者はどんな記事に対してコメントをしているかをチェックするのも面白いです。

例えば、堀江貴文さんや落合陽一さんなどが登録しています。

記事が更新されるとお知らせが来る

NewsPicksの記事が更新された時に、受信をONにしておくと最新記事を確認できます。

しかも、LINEの新着通知のように上に表示されます。

この通知機能には本当に助かっています!

検索しやすい!

検索機能の位置が良い!

検索はカレンダー検索ができるし、期間検索をすることができてとても便利です。

使いこなせると本当に愛着が湧いてきます。

自分が情報発信をすることでアウトプットできる

自分がどう感じたかを情報発信できるし、頭の中の情報整理としてとても有効です。

最初は僕も「同感です」みたいなしょうもない一言を発信するだけでしたが、始めたての時はそれで良いと思います。

そこからコメントの書く量を増やしていけば良いと思います。

書いていくうちに知識が徐々に溜まっていくのでやってみる価値は十分にあります。

「良いね」機能がついている

僕も最初はコメントするのに躊躇いましたが、書いてみて「良いね」の通知が来ると、コメントすることが楽しくなってきます。

これをモチベーションに僕はやっています。

しかも、書く回数を重ねるにつれて書くスキルが身につきます。

ブログよりも手軽に「良いね」がしやすいところがポイントです!

記事に対しての他人のコメントを読んでいて勉強になる

NewsPicksはプロピッカーと呼ばれる各業界の専門家のコメントをユーザーがチェックできるので、著名な方の考え方を触れるサービスは僕が知る限り少ないです。

しかもユーザーのコメントは参考になるものが多く、僕もコメントをする時は他人のコメントを参考にしてアウトプットしています。

興味のあるワードを登録して情報が更新された時にお知らせが来る

興味のあるワードを10個まで登録できるのですが、記事に自分が登録したワードが入っていたらその都度更新してくれるので、僕はそれを使って毎日情報収集をしています。

例えば、僕は「AI」「予防医療」「Iot」などを登録しています。

テクノロジーは進化が早いので、こういったワード登録をした時に最新情報をキャッチできるのは本当にありがたいなぁと思っています。

NewsPicks Bookの内容は読み応えがある

過去に連載された記事のまとめを一括で読み直すことができます。

電車に乗っている時間や休憩時間に読んでみると良いです。

連載ものは書籍化するのに時間がかかるので、電子版でまとめ読みできるのは読者として本当にありがたいです。

メルマガで1週間のダイジェストが見れる

メルマガ登録すると、1週間の記事のダイジェストや人気記事を告知してくれます。

時間がない時にダイジェストを読むだけでも知識が増えるので、多忙なビジネスパーソンには非常にありがたいです。