5分で分かる庄田雄貴のプロフィール

断捨離する前の自分の部屋を公開

ミニマリストを名乗る前はものすごく浪費家で、部屋の中はモノだらけでした。

そんな自分のモノだらけの部屋を公開します。

※机の上は個人情報の資料が沢山置きっ放しにしていたので、写真を撮ってないです。(すみません・・・)

 

これだけモノが溢れていたら、ストレスが溜まるのも不思議ではないかと思います。

早速見ていきましょう!

 

断捨離する前の部屋

ベッド周辺

断捨離する前は、二段ベッドで寝ていました。

とにかく、階段に登らなきゃいけない。

起きたときにいちいち降りなきゃいけない。

とにかく面倒でした・・・

 

現在は、床にシーツを敷いて寝ています。

二段ベッドに比べれば、大分楽です。

ベッド生活を辞めて床で寝る

 

クローゼットの中

クローゼットは中が汚く、湿気が溜まるという理由で開けっ放しにしていました。

扉を締めて服がカビだらけになったこともあります・・・

今思えば酷いですね。

クローゼットの上

上には使ってないガジェットや将棋盤、ガジェットの箱などを放置してました。

 

クローゼットの左側

全然着ていない服を置きっぱなし。

10着以上はあったと思います。

完全に物置き状態。

 

クローゼット右側

クローゼットの右側はカバンと冷風ヒーターなどが置いてあります。

置き方が雑すぎる・・・

画像の右側の下の家電は親の私物です。

 

断捨離したモノ

こちらが断捨離したモノになります。

二段ベッドのパーツ

二段ベッドを解体したパーツ。

解体作業がかなり大変でした。

二段ベッドは小学校の6年生から13年使いました。

 

二段ベッドのボルト

こちらは二段ベッドのボルトです。

13年使っていたので、錆びてるボルトが沢山出てきました。

 

洋服

夏服・冬服合わせて10着以上着ていない服が出て着ました。

正直これは自分でもびっくり!!

「服ってこんなに必要ないよね?」って写真を撮って初めて気付きました。

 

現在は3着で回しています。

夏と冬で3着ずつが個人的にはちょうどいいです。

 

まとめ

断捨離をして気づいたのは、ストレスが多い人やお金がないという悩みを抱えている人は部屋の周りが汚い傾向にあります。

モノを捨てるのは、正直勇気が必要です。

毎日使うモノだけが揃うと、断捨離する前と比較してかなりストレスが減りました。

日頃から「お金がない」と悩んでいる人や無駄なモノを買って後悔している人は一度、自分の部屋の汚い写真を撮って断捨離することをおすすめします。

そうすれば自分の消費の無駄が可視化され、ストレス発散になります。

是非やってみてください!

 

予備のモノを買いすぎると、ストレスが溜まる