Facebookで知らない人からメッセージが来たけど?実はネットビジネスでした…

Facebookで知らない人からメッセージが来て、実際に会いに行った庄田です。

 

実はあるとき、

「Facebookで〇〇のグループに入っていることを知り、連絡を差し上げました。」

「一度どこかでお話しませんか?」

このようなメッセージが来たことはありませんか?

 

実際にこの人に会いに行った結果、

ネットビジネスを勧誘している詐欺師でした。

 

この記事を読めば、

あのとき会わなきゃ良かった・・・

ってなることは無くなるはずです。

 

実際に送られたメッセージ

唐突に連絡をしてしまい、大変申し訳ございません。

プログラミングの初心者のFacebookグループで拝見させていただき、ご連絡を差し上げました。

私はプログラミングで起業をしている大学3年の〇〇と申します。

一度どこかでお会いしてお話できませんか?

実際に私に送られたメッセージです。

普通の人からすれば、違和感がないと思います。

 

実際にFacebookでメッセージを送ってきた人(以下、Kさん)に会いましたが、最初は詐欺師だったなんて思ってもいませんでした。

 

最初は怪しまれないように相手に気持ちよく喋らせて、ある程度仲良くなったときに

「一緒にビジネスをしないか?」

って話を持ちかけてきます。

 

「私はビジネスをやっている」

という話をしてくる人は、ほぼ「ネットビジネス」です。

 

 

私も騙されかけました・・・

Facebookは実名で、共通の友達が表示されます。

共通の友達が多いほど安心すると思います。

 

実はぼくも騙されかけました・・・

 

ぼくの場合、中学の同級生が共通の友達のリストにありました。

「Kさんは、どうやって知ったんだろう・・・」って気になっていました。

その共通の中学の友達は、Kさんの投稿に「良いね」を押していました。

それを知って、ぼくはKさんを信用してしまいました。

 

知らない人と指定された場所で会うと、相手のペースになりやすいです。

ぼくは冷静に考えて、ビジネスの誘いを保留しました。

 

その後、Kさんがネットビジネスの詐欺師だったことを知りました。

このときに初めて、Facebookで共通の友達がいたとしても、知らない人に会うことにメリットがないと気づきました。

 

Facebookの友達の数に騙されてはいけない

Facebookで友達の数が最大で5,000人まで登録することができます。

 

ぼくもKさんの4,000人という友達の数を見て、

「4,000人?」

「すげぇ!!」

って最初は思っていました。

 

投稿をよく分析してみると、

・「良いね」の数が少ない

・「良いね」をしている人がいつも同じ

これらに違和感がありました。

 

友達が多い人に共通して多いのは、本人はその友達とどこで出会ったかを説明できない人がいます。

知名度がある人なら別だけど。

そういう人って信用できますか?

 

まとめ

Facebookで共通の友達がいても、知らない人からの誘いに行く必要はありません

時間の無駄。

知らない人にメッセージして、直接会おうとする人はネットビジネス詐欺がほどんどです。

Twitterで知らない人からDMがきたときも同様で、誘いに乗る必要はないです。

 

▽Twitterで知らない人からDMがきて、騙された人の実体験はこちらの記事をどうぞ

知らない人からTwitterのDMが来たけど?仕事がデキる人なら…