5分で分かる庄田雄貴のプロフィール

【Vol.1】1本目の親知らずの抜歯体験記

どうも、庄田です!

親知らずの1本目(右上)を抜歯した体験をここにまとめました。

1本目の親知らずを抜歯したのは1年前で、あれから1年が経ちます。

この記事を書く前に2本目の親知らずを抜歯したことをきっかけに、初めての親知らずを抜歯した内容を思い出したので、1本目の親知らずを抜歯した内容をここにまとめることにしました。

今回は親知らずの抜歯で酷い目にあったのでそれを記事化したものです。

 

歯医者に行くきっかけ

1本目の親知らずを抜歯する前に、歯痛と頭痛があまりにも酷い時間が2〜3日以上続いたので、流石に歯医者に行ったほうが良いと思い診断してもらうことに。

実はこの時点ですでに手遅れ。

それと同時に、自分の健康意識が高まるきっかけが初めての親知らずの抜歯でもあったので、結果的に親知らずに感謝したいと今は思う。

正直、歯医者って苦手で、行くのがめんどくさいんですよね・・・

 

 

診断結果

実際に歯の状態をレントゲンで診てもらった結果、親知らずがあることが判明。

親知らずを含め、3本虫歯がありました…

親知らずの虫歯が隣の奥歯に移ってしまったことが原因だったらしい。

 

虫歯だけなら治療すれば良いものの、レントゲンで確認してみたら虫歯が神経にまで達していた。

医者によると、神経を取り除かなければいけないらしい…

言われたときは正直ショックだったし、現実を受け入れることができなかった。

神経を抜いた歯は割れやすく、非常に脆いそうだ。

このときに初めて予防を意識するようになり、予防に繋がることに対して積極的に取り組むきっかけになった。

 

初めての抜歯

初めての抜歯で自分にとって未知のことだったので、緊張したのを今でも覚えている。

実際に抜歯をすると、麻酔をしていても力づくで歯を抜かれるのは正直痛かった…

でも、虫歯で悩まされるのは嫌なので我慢。

抜歯が終わると、出血がとにかく酷い・・・

抜歯が終わって安心したと思いきや、抜歯当日は思うようにご飯が食べられない。

これがとにかく辛いし、数日まともにご飯が食べられないのは仕方ないと割り切ることに。

 

ご飯が数日食べられないのはマシだが、虫歯で歯医者に通院しなければならないことがめっちゃめんどくさかった。

虫歯の治療にかかったのは約1ヶ月。

親知らずを含め3本の虫歯の治療が終えて、歯がいかに大切であるかを学んだ。

 

親知らず抜歯体験記

  1. 【Vol.1】1本目の親知らずの抜歯体験記(今ここ)
  2. 【Vol.2】2本目の親知らずの抜歯体験記