予備のモノを買いすぎると、ストレスが溜まる

どうも、ミニマリストの庄田です。

 

あなたは予備でモノを買いすぎて後悔したことがありませんか?

「いずれ必要になるから・・・」

みたいな理由で予備のものをたくさん購入したパターンです。

 

ぼくは今振り返ってものすごく後悔しています。

今回は、モノを買いすぎるデメリットについてお話していきます。

 

買いすぎてしまったモノ

ぼくが予備を買いすぎて後悔したモノは2つです。

大抵の人はやってしまうと思います・・・

 

ボールペン

まず1つ目がボールペンです。

ボールペンが今持っているもので、7本あります。

 

正直な感想として、こんなに必要ないなと思ってます。

貰ってしまうと、「使わなきゃ・・・」

という強迫観念が出てきます。

 

大学のとき法学部だったので、法学部の試験科目がボールペンしか使えませんでした。

その予備として持ってた分と、イベントの貰い物として頂いた分です。

 

今振り返って思うのは、ボールペンは多くて2本あれば十分です。

イベントでボールペンが貰う機会があったら、今後は受け取らないようにします。

 

ノート

2つ目がノートです。

写真には41冊あります。

 

完全にやらかしたやつです・・・

ノートはボールペンと違って場所を取ります。

本当にめんどくさいっすね…

 

これ全部消化するのは結構苦労しそう・・・

(※3ヶ月で全部消化しました)

 

これも大学生のときに予備のノートを買いすぎたツケです。

ノートの予備は「残り5ページ」とか「ノートをすぐに買わなければいけない」という本当にやばいときに買うという自分の判断軸を持っておくべきでした。

これはマジで反省です。

 

まとめ

予備のモノを買いすぎると、ストレスが溜まります。

予備を持っておくのであれば1つというふうにルールを決めておくと良いです。

 

「増やすより減らす」という考えがいかに大切であるかを伝えるために書きました。

ストレスが溜まっている人は、何かを1つ捨ててみると良いですね。

そうすることで、ストレス発散できます。

 

是非、やってみてください。