自己投資をするときに意識している3つのルール

どうも、20代前半に自己投資で100万以上使った庄田雄貴です

内訳はネットワークビジネス・脱毛・書籍・オンラインサロン・予防医療といったところです

 

お金を持っていても、お金の使い方がめっちゃ粗い人とお金を使わずに溜め込んでしまう人がいます(ぼくは粗いほうです)

「自分のスキルを上げるためにお金を使ってみたけど、損したわ〜」って経験をしたくないですよね?

自分を高めるためにオンラインサロンに入ったり、プログラミングをやってみたりなど色々やってみるけど結果に結びつかない人がいます

実際にぼくもそうでした…

 

しかし、自分のスキルを高めたり、知識を増やすための自己投資は正しいお金の使い方を覚えれば、誰でも大きな失敗をせずに済みます

そこで、この記事では自己投資で大きな損失を防ぐために意識している自分のルールについて紹介したいと思います

※大きな損失は、5万以上を想定

誰でも実践できる内容なので、ぜひ試してみてください

注意
この記事で述べている投資とは、株やFXや仮想通貨のような資産運用に関する話ではないです

自己投資するときに意識すること

ぼくが自己投資をするときに意識してることは3つです

  • やるべきことをやれば、成果がでるもの
  • 専門家からマンツーマンで学べる環境
  • 元が取れる

やってることはそこまで難しくないです

それぞれについてみていきましょう!

1.やるべきことをやれば、成果が出るもの

当たり前ですが、やるべきことをやってないと成果は出ません

成果が出る人の中には、すぐに成果が出る人と後から成果が出る人がいます

後から成果が出るという意味で、3ヵ月やって何も成果が出なかったらスパッと辞めます(勉強代を払ったってことにして終わりです)

実際にぼくは一度ネットワークビジネスで30万払った割に期待した効果がないと気づいたので、7ヵ月で縁を切りました

ネットワークビジネスをきっかけに、成果を出すときの基準を3ヵ月に設定しました

 

2.専門家からマンツーマンで学べる環境

専門家の力を借りるときは、マンツーマンで学べる環境であるかを重視してます

マンツーマンであれば、お互いのことを深く知ることができて、専門的な知識も増えます

マンツーマンだとサービスの単価が少し高くなりますが、成果が結びつくのであれば多少値段が高くても問題ないはずです(成果が出ることが大事なので)

最も分かりやすい例は、RIZAPが挙げられます

RIZAPがなぜ人気なのかというと、ダイエットの成果がちゃんと可視化されてることですよね?

単価が高いマンツーマンのサービスが増えたのはRIZAPをきっかけに増えた印象です

マンツーマンは相性がありますが、自分が疑問に思ってたことを丁寧に回答してくれたり、雑談とかもしてて楽しいです

自己投資が苦手な人や初心者の方には、最初はマンツーマンで学べる環境に投資することをおすすめします

 

3.元が取れる

ぼくは自己投資するときに特に意識してるのが、「長期的に見て元が取れるかどうか」を具体的に意識してます

やっぱり投資して永遠に赤字だったら嫌じゃないですか?

例えば、10万円の一眼レフを購入するのであれば、10万円分のカメラを使った仕事(カメラマンなど)をすれば元が取れます

自己投資をするときは、長期的に元が取れるかどうかは結構大事なポイントです

 

さいごに

自己投資はコツを掴めば大きな失敗を防ぐことができます

自分の能力を高めるためにお金を使う際は、自分に合った自己投資のルールを作ることをおすすめします

正しい自己投資の方法を学んで実践すれば、あなたの人生が良い方向に傾くでしょう

以上、自己投資について解説しました

おわり