5分で分かる庄田雄貴のプロフィール

【大学生必読】新卒就活漫画『銀のアンカー』の名言を紹介!

『銀のアンカー』というマンガを知っていますか?

作品説明

かつてアメリカ経済界で「草刈機」と呼ばれた元カリスマヘッドハンター・白川義彦。日本に帰ってきた彼は、突然就職セミナーに現れ、講師が語る“キャリアアップ”という言葉の怪しさを論破する!白川の論調に感銘を受け、彼を訪ねた大学3年生の田中雄一郎と北沢千夏。軽い気持ちで就活を考えていることを見抜いた白川が、2人に授けた就活指南とは!?前代未聞の内定請負漫画、ここに開幕!

Amazonより

 

作品のテーマが新卒の就職活動ということで、読み進めてみました。

新卒の就活を通して社会人になっても役に立つ名言がたくさん出てきます。

 

このマンガは就職活動する前に読んでおけば良かったと後悔した素晴らしい作品です。

ただ、棘のあるセリフが多いので注意が必要です…

早速紹介していきます。

 

好きなものを仕事にすると失敗します

出典-銀のアンカー1巻-

 

 

好きなことを仕事にするというのはSNSでもよく聞く話だと思います。

私も好きなことを仕事にしようとして就活に失敗したので、痛いほど分かります。

 

このマンガでは

「“好き”だけではお金にならない」

というフレーズが出てきますが、本当にその通りだと思います。

出典-銀のアンカー1巻-

 

私は漫画が好きですが、漫画の編集者を目指そうと思っても出版社に入れるわけではありません。

仮に自分の好きなことを仕事にしてもミスマッチが起こることはよくある話です。

仕事をするときは自分の好きなことだけではなく、24時間365日仕事のことを考えられるものを選べるのが理想です。

 

“働く”とは“ハタ”にいる人を“ラク”にしてあげること

出典-銀のアンカー4巻-

 

仕事でお金を頂くにはお客様に満足してもらう努力をするのは、当然です。

そのためには、相手の悩みや課題を知らないといけません。

仕事(働く)とは、お客様をいかにラクにさせてあげるかが大切だと分かります。

 

会社の売上は営業無くしては成り立たず、「営業したくない」というフレーズは仕事そのものをしたくないと宣言してるようなものだとマンガでは言ってます。

フリーランスをしている今なら痛いほど分かります…

出典-銀のアンカー4巻-

この一言はコミュ障で営業したくないと言ってる人には刺さるはずです。

私も就職活動をしてたときに営業はしたくないと言ってた記憶があります…

 

タダでいい情報なんてあるワケがない

出典-銀のアンカー5巻-

 

今では情報がどんどん無料で転がっています。

その無料の情報の中から自分が最も欲しい情報にたどり着いた経験はありますか?

 

実は頭が良い人ほど情報にお金を払っています。

情報にお金を払うことで情報の取捨選択ができ、行動に移しやすいのは事実です。

タダで貰うことしか考えていない人は結果が出てない傾向があります。

これを読んでいるあなたがもし当てはまるのであれば、今から情報にお金を払うことが当たり前にしましょう。

 

究極の安定とは仕事ができる人間であるということ

出典-銀のアンカー7巻-

 

 

ここでは人生における安定について考えるシーンです。

公務員や大企業に入社できれば人生安泰という風に考えてる学生には魅力的に感じないし、ただ楽したいだけの人間はどこの世界でもいらないと言われてしまいます。

言われると今なら納得できます…

 

じゃあ、「安定って何?」ってなると思いますが、マンガでは「会社に依存せず生きていくこと」だと総括してます。

他人に依存せず、自立した個として生きる力がある人が強いのは成功しているフリーランスや起業家を見ていると間違いありません。

出典-銀のアンカー7巻-

 

就活をしてた2015年のときもさっさと大手のブランドのある会社に入って楽をしたいと考えてましたが、結局は内定をもらえませんでした。

今振り返ると浅はかだと思います。

会社に依存しない生き方(フリーランス)をしようと思ったのは、銀のアンカーを読んだのがきっかけです。

 

仕事ができる人とはひとことで言えば“有名人”なのです

出典-銀のアンカー7巻-

 

その業界で伝説やメディアで話題のある人として必ずと言っても良いくらい名前が出てくるというある種ブランドのある人が仕事のできる人と定義してます。

確かに有名人になると、会社に依存しない生き方が実現するのは不可能ではないと思います。

堀江貴文さんのレベルの有名人になると、会社に依存しない生き方体現している最も分かりやすいのではないでしょうか。

そういう意味で、大学生のときに何かしらで有名になれば社会に出たときに突き抜ける人が多い印象です。

 

働く上で大切なことはまず、就いた仕事を好きになる能力

出典-銀のアンカー8巻-

 

人生は睡眠を除けば仕事の時間が大半を占めています。

人生は一度きりなのだから、就活をこれからする人はこれから就く仕事を好きじゃないと人生は楽しくないと思います。

自分が今やってる仕事にハマれば、成果が後から就いてきて出世や転職など自分の思い通りの結果に結びつくはずです。

社会に経験していない大学生でも仕事を選ぶなら、自分がハマることをこの記事をきっかけに見つけて欲しいと思ってます。

 

ーーーー

以上、銀のアンカーの名言を紹介しました。

銀のアンカーにはこれら以外にも仕事や人生に役立つ名言がたくさん出てきます。気になった方は是非単行本を読んでみてください。