5分で分かる庄田雄貴のプロフィール

はじめてストレングスファインダーに出会ったときの感動と長所・短所をレビュー

初めてストレングスファインダーに出会ったときの感動を思い出したので、今回はその感動を漫画付きで伝えたい。

まだストレングスファインダーの診断を受けていない人は非常に勿体無いというのが個人的な感想になる。

実際に私が初めてストレングスファインダーで上位5つの強みを知れたときの感動を4コマ漫画で再現してみた。

 

4コマ漫画

⬆️1ページ目

⬆️2ページ目

⬆️3ページ目

 

2015年の上位5つの資質

初めてストレングスファインダーの診断をしたときの上位5位の強みが以下の通り。

  1. 学習欲
  2. 個別化
  3. 自己確信
  4. 慎重さ
  5. 収集心

 

学習欲とか慎重さであれば何となく想像できるけど、初めてやったとき「自己確信って何?」ってなるはず。

実際に本に書かれている上位5つの強みの特徴を調べてみると・・・

 

1位:学習欲

学習欲を調べてみると、

あなたは学ぶことが大好きです。あなたが最も関心を持つテーマは、あなたのほかの資質や経験によって決まりますが、それがなんであれ、あなたはいつも学ぶ「プロセス」に心を惹かれます。内容や結果よりもプロセスこそが、あなたにとっては刺激的なのです。あなたは何も知らない状態から能力を備えた状態から能力を備えた状態に、着実で計画的なプロセスを経て移行することで活気づけられます。最初にいくつかの事実に接することでぞくぞくし、早い段階で学んだことを復誦し練習する努力をし、スキルを習得するにつれ自信が強まるーこれがあなたの心を惹きつける学習プロセスです。

あなたの意欲の高まりは、あなたに社会人学習ー外国語、ヨガ、大学院などーへの参加を促すようになります。それは、短期プロジェクトへの取り組みを依頼されて、短期間でたくさんの新しいことを学ぶことが求められ、そしてすぐにまた新しいプロジェクトに取り組んでいく必要のあるような、活気にあふれた職場環境の中で力を発揮します。

この「学習欲」という資質は、必ずしもあなたがその分野の専門家になろうとしているとか、専門的あるいは学術的な資格に伴う尊敬の念を求めていることを意味するわけではありません。学習の成果は、「学習のプロセス」ほど重要ではないのです。

かなり長いので要約すると、

  • 学ぶことが大好き
  • プロセスを学ぶことが好き
  • 新しいプロジェクトにどんどんチャレンジできる環境で力を発揮できる
  • 学習成果よりも学習プロセスが大事

これはビックリするくらい当たってる。

結果よりもプロセスを楽しんでるのは事実だが、結果に執着できないのが個人的な悩み。

そういう意味で、就活という選択を捨てて、エンジニアやデザイナー、ブロガーが向いてると気づけたきっかけになった。

 

2位:個別化

個別化を調べてみると、

あなたは個別化という資質により、一人ひとりが持つユニークな個性に興味を惹かれます。あなたは一人ひとりの何が特別でどこが個性的なのかを覆い隠したくないので、人を一般化したり、あるいは類型化することに我慢できません。むしろ、個人個人のちがいに注目します。

あなたは本能的にそれぞれの人の性格、動機、考え方、関係の築き方を観察しています。あなたはそれぞれの人生における、その人にしかない物語を理解します。この資質によって、あなたは、あなたの友達にぴったりの誕生日プレゼントを選んだり、ある人は人前で誉められることを好み、別の人はそれを嫌うことがわかったり、一から十まで説明してほしい人と、一を示せば十を知る人とに合わせて教え方を調整できたりするのです。

あなたはほかの人の強みをとても鋭く観察する人なので、一人ひとりの最もよいところを引き出すことができます。この個別化という資質は、あなたが生産性の高いチームをつくることにも役立ちます。完璧なチームをつくるにあたり、チームの「組織構造」や「作業手順」に着目する人もいますが、あなたは優秀なチームづくりの秘訣は、各自が得意なことを充分にできるような、強みに基づく配役である、ということを本能的に知っています。

短くまとめると、

  • 他人を見るときは〇〇タイプとまとめるのではなく、一人ひとりの違いを見ている
  • 個人に合わせて臨機応変に対応
  • 一人ひとりの強みを引き出せる
  • チームを作るに当たって個人の強みを生かしやすいように融通が利く形を作る傾向がある

確かに個人を見ているというのは見事に当たってる。

チームプレーをするときも、自分と味方が最大限に力を発揮しやすい形を作っているというのも当たってる。

 

3位:自己確信

自己確信を調べてみると、

自己確信は自信と共通する点があります。心の奥深くで、あなたは自分の強みを強く確信しています。あなたは自分は絶対できるーリスクを取ることができ、新しい挑戦をすることができ、そして最も重要なこととして成果を出すことができるーことを確信しています。ただし、自己確信は単なる自信を超えるものです。自己確信という資質に恵まれたことで、あなたは自分の能力だけでなく判断力にも自信を持っています。

自分のまわりを見たとき、あなたは自分の見方が独自かつ独特であると強く思います。そして、あなたとまったく同じ見方をしている人はだれもいないので、あなたに関することについて決定を下せる人はあなたしかいないと絶対に信じています。

何を考えるべきかはだれもあなたに指示できません。彼らはヒントを与えることはできるでしょう。助言することもできるでしょう。しかし、あなただけが、結論を出し、何をするかを決定し、行動する権限を持っています。この権限、さらにはあなたの人生に関する最終的な責任を取ることを、あなたは決して怖がりません。むしろ、あなたにはあたりまえに感じられるのです。状況の如何にかかわらず、あなたは何が正しい決断であるかをいつも知っているようです。

この資質は、あなたに確信に満ちた貫禄を与えます。ほかの人と異なり、いくら説得力があっても、あなたは、ほかの人の主張に安易に左右されることはありません。この自己確信という資質は、あなたのほかの資質の持ち方によって、表面に現れたり現れなかったりしますが、その資質は強くしっかりとあります。船の竜骨のように、それは方々からの攻撃に耐えて、あなたが進路からはずれないようにします。

要約すると、

  • 自分の強みを確信している
  • 他人とは全く違う見方をしているため、自分の決定は自分でしか下せない
  • 人生の最終的な責任を取ることに決して怖がらない

自分の決定は自分でしか下せないというのはビックリするくらい当たってる…

他人と違う見方をしていて自分のことは自分でやるしかないということが実際に多い。

自己確信が3位に来たとき最初はよく分からなかったが、読んで腑に落ちた。

 

4位:慎重さ

慎重さを調べてみると、

あなたは用心深く、決して油断しません。あなたは自分のことをあまり話しません。あなたは世の中が予測できない場所であることを知っています。すべてが秩序正しいように見えますが、表面下には数多くの危険が待ちかまえていることをを感じ取っています。あなたはこれらの危険を否定するよりは、一つひとつを表面に引き出します。そうして、危険は一つずつ特定され、評価され、最終的に減っていきます。言うなれば、あなたは毎日の生活を注意深く送る、かなりまじめな人です。

たとえば、何かがうまくいかない場合に備えて、あらかじめ計画を立てることを好みます。あなたは友人を慎重に選び、会話が個人的な話題になると、自分のことについては話をせず、自分自身で考えることを好みます。誤解されないように、過度に誉めたり認めたりしないように気をつけます。人になかなか打ち解けないという理由で、あなたを嫌う人がいても気にしません。あなたにとって、人生は人気コンテストではないのです。

人生は地雷原を歩くようなものです。そうすることを望むならば、ほかの人は用心せずにこの地雷原を駆け抜けるかもしれません。しかし、あなたはちがう方法を取ります。あなたは危険を明確にし、その危険が及ぼす影響を推し量り、それから慎重に一歩ずつ踏み出します。あなたは細心の注意を払って進みます。

要約すると、

  • 自分のことを話したがらない
  • 危険を明確にする
  • 上手くいかない場合に備えて計画を立てる
  • 友人を慎重に選ぶ

危険なことや人については直感で判断し、最終的になぜ危険なのかを言語化してる。

そういう意味で、全部当たってる。

 

5位:収集心

収集心を調べてみると、

あなたは知りたがり屋です。あなたはものを収集します。あなたが収集するのは情報ーことば、事実、書籍、引用文ーかもしれません。あるいは形のあるもの、たとえば切手、野球カード、ぬいぐるみ、包装紙などかもしれません。集めるものが何であれ、あなたはそれに興味を惹かれるから集めるのです。

そしてあなたのような考え方の人は、いろいろなものに好奇心を覚えているのです。世界はかぎりなく変化に富んでいて複雑なので、とても刺激的です。もしあなたが読書家だとしたら、それは必ずしもあなたの理論に磨きをかけるためではなく、むしろあなたの蓄積された情報を充実させるためです。もし旅行が好きだとしたら、それは初めて訪れる場所がそれぞれが、独特な文明の産物や事柄を見せてくれるからです。

これらは手に入れた後、保管しておくことができます。なぜそれらは保管する価値があるのでしょうか?

保管する時点では、いつ、またはなぜあなたがそれらを必要とするかを正確に言うのはむずかしい場合が多いでしょう。でも、それがいつか役に立つようになるかどうか、だれが知っているのでしょう。あらゆる利用の可能性を考えているあなたは、ものを捨てることに不安を感じます。ですから、あなたは、ものを捨てることに不安を感じます。ですから、あなたはものや情報を手に入れ、集め、整理して保管し続けます。それが面白いのです。それがあなたの心を常に活き活きとさせるのです。そしておそらくある日、その中に役に立つものが出てくることでしょう。

まとめると、

  • 知りたがりで、ものを収集することが好き
  • ものを捨てることに不安を感じる
  • ものを保管する

確かにB’zのCDを初期から全部集めて保管してた時期があったが、結局処分してしまった…

実際にCDを処分するときにかなり不安を感じてたのも事実。

 

ストレングスファインダーを有料で行う長所

上に挙げた5つの上位の資質の特徴をまとめたが、実際に自分の資質の上位5つを知れる長所をまとめてみた。

長所1:自己肯定感が上がる

就職活動をしてたタイミングでストレングスファインダーに出会い、自分の強みを言語化できなかったときに自分の強みを知ることができて自己肯定感が上がったのは非常に大きい。

自分に自信がある人って魅力的に見えますよね?

自分の長所を知らずに一生を過ごすなんてあんまりにも勿体無い気がしません?

就職活動で自己分析の本を一冊買ってのシートに空白を埋めていく作業をするくらいだったら、診断を受けて自分の強みを言語化して自分に自信を持てるなんてこんな美味しい話は滅多にないはずだ。

 

長所2:自分の意外な強みを知ることができる

診断結果を見て気づいたのは、自分が気づかなかった強みを知れることが結構大きい。

私の場合であれば、自分の選択に自信があるという強みを「自己確信」というワードで救われた。

やはり自分一人の力で言語化するには限界がある。

そういう意味で、ストレングスファインダーの力を借りるのは非常に有効な手だと初めて診断を受けて確信に変わったし、他人におすすめできる。

 

長所3:自分の強みを言語化してくれる

自分の強みを言語化するのって就職活動を経験してると分かるが、意外に難しい。

それも他人に伝わる言葉でプレゼンしろってなったら頭が真っ白になるのも無理もない。

自分一人でできることなんて限られているのだから、他人の力をもっと借りよう。

そういう意味で、ストレングスファインダーの診断結果で丁寧に言語化された結果が30分で知れるのだから、有料でもコスパが良い。

 

ストレングスファインダーの有料で行う短所

ストレングスファインダーの短所としては、

短所1:お金がかかる

やはりお金をかけたくない人からすれば、まず短所として挙げられるのが「お金がかかる」というハードル。

自分を知ることにお金をかけたくない人は診断を受けないのも全然あり。

「自分のことを知りたいけど、どうしてもお金がない」という人は無料診断できるグッドポイント診断とかm-gramがおすすめ。

 

短所2:診断の質問回答時間が短い

ストレングスファインダーは質問を回答することで自分の資質を知れるが、質問に回答する時間が短いというのが短所。

一定時間が過ぎると、次の質問に移ってしまうというのが短所。

回答をするのに時間がかかる人はちょっと注意が必要かな…

 

短所3:自分の強みが裏目に出ることも

ストレングスファインダーの診断で自分の強みを知ると、人によっては短所になることがある。

自分の場合だと3位の自己確信が裏目に出ていたことがあり、自分に自信のある決断を下して行動した結果、失敗に終わる。

失敗に終わるだけならまだ良いが、そこから自分の決断が鈍くなり、リスクを取ることができなくなった経験もした。

そういう意味では、自分の強みだったはずの資質が裏目に出るという短所も頭に入れておいたほうが良い。

長所をひっくり返すと短所になるし、逆も然りだ。

 

まとめ

ストレングスファインダーの診断で5つの強みを診断してみて思ったのは、上位5つの強みだけを知るのは物足りないというのが率直な感想だ。

ただ、34個の資質を全て知るのに別料金(約10,000円)が発生する。

ストレングスファインダーを受けるに当たって長所と短所をまとめたが、お金がかかるというハードルを除けば自分に自信が持てるきっかけになりやすい。

もしこの記事を読んでいるあなたが自信がなくて自己嫌悪に陥ってるあなたには是非ストレングスファインダーを受けてほしい。

もしこの記事を読んでストレングスファインダーを受けてあなたの人生が良い方向で変わったのであれば、私自身これ以上になく嬉しい。

 

漫画寄稿者

今回漫画を描いてくださったのは、ねこかさん(@nekoka)です。

ご協力ありがとうございました !!